ノートづくりワークショップ 活版カムパネルラ

皆さんこんにちは。
本日はワークショップのお知らせです。

2022年も終盤に差し掛かり、新年の足音が聞こえてくるこの頃ですが、新年に向け新しいノートを用意してみるのはいかがですか?
現在となってはなかなか見ることもできない活版印刷の技術を用いてノートを作成することができるワークショップです!

以下イベント概要です。
※ご予約は当店ではなく、活版カムパネルラ様のHPよりお願いいたします!
予約フォーム https://forms.gle/6VQfjXB5zpRnj3pK8

絶滅が危惧される「活版印刷」の技術で、失われた動物たちをノート表紙に印刷するワークショップです。
文字を一つずつ集める「活字拾い」と手動の印刷機を用いる「印刷」の工程を体験できます。
ノートは書き味の異なる2種類の本文紙を綴じた特製です。新しい年をオリジナルのノートで迎えましょう。
*ご予約の方を優先してご案内いたします。所用時間:約20分/お一人
金 額:¥1,500(税込)
お支払い方法は現金のみです。ご容赦ください。
内 容:一行全角16文字以内の活字を拾って、ノート1冊に印刷できます。
ひらがな、カタカナ、欧文活字、句読点などからお好きな言葉を集められます。
*増刷 1冊¥800
選べるノート色:3色(B6サイズ)
選べるイラスト:4種
ところ:TSUTAYA BOOKSTORE岡山駅前
(〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町1丁目8番18号)
「小さな文房具市Vol.3」会場
と き:2022年12月24日(土)10:00〜16:00
お問い合わせ:活版カムパネルラ
HP▷http://campanella-letterpress.jp/
Mail▷
Tel▷0848-51-4020

活版カムパネルラ様と活版印刷については以前こちらの記事でも触れておりますので、重ねてチェックして頂けますと嬉しいです!
新しいノートの1ページ目だけ字をすごくキレイに書いてしまうのあるあるですよね…。
しかし活版印刷を使って「特別」に作ったノートならずっと丁寧に書けてしまうかもしれませんね!

こちらは前回のWSの様子です。

自分だけのオリジナルの栞を作ろうとたくさんの方にご参加いただきました。
本に挟む栞、筆記具であるノートはどちらも「文字」と強い関わりがあるものです。
それらに自分の好きな「言葉」を印刷することはとても意味のあることだと思います。何かを伝えようとする気持ちが発展、深化させてきた文化だからです。
前回のイベント中もみなさん楽しんでらっしゃる様子が見て取れました!

前回ご参加いただいた方も、今回が初めてという方にも奮ってご参加いただきたいイベントとなっております。
ご予約はコチラから。
重ねてお願い申し上げます。

関連

  1. 「たび」の本質 『旅屋おかえり』原田マハ

  2. 「編む」の意味  『舟を編む』三浦しをん

  3. 会話という営み 『会話を哲学する』三木那由他

  4. 「生き方」や「食べ方」のはなし 『ひなた弁当』山本甲士

  5. 日本人の美意識の原点

  6. 本がつなぐ世界

PAGE TOP