マンガアワード2021

みなさま今年はマンガよまれましたか?
今年も様々な作品が話題になりましたが、本日は私の中で勝手に行われた「2021年に出会ったマンガ大賞」を紹介したいと思います。

みごと私の中でマンガアワード2021に輝いたのは


『九龍ジェネリックロマンス』です!
作者の眉月じゅん先生は大泉洋さん、小松菜奈さん主演で実写化された『恋は雨上がりのように』で知られる作家さんです。

作品の内容を話したいのですが、最初からすべてを新鮮な気持ちで読み進めて頂きたく…。
オススメしたいのに詳しく話せないというもどかしさ!!

今年は昭和や平成初期など、レトロな文化が再注目され流行し「なつかしさ」が一大コンテンツとなりました。
そんな中この作品の舞台である九龍は街のいたるところになつかしさの残る場所。
美しい絵も含め、背景まで楽しむことができます。

「自分を自分たらしめているものは何なのか」
「今の自分は本当に過去を積み重ねたものであるのか」

読み進めるうちに自分を大切にすることができるようになる『九龍ジェネリックロマンス』。
本当におすすめします!

電話番号
電話: 086-238-3535

関連

  1. 感情が揺れる伊坂ワールド 『フーガはユーガ』伊坂幸太郎

  2. 「編む」の意味  『舟を編む』三浦しをん

  3. 内外の定義 『笑わない数学者』森博嗣

  4. 感情は積みあがるか 『博士の愛した数式』小川洋子

  5. 「歴史を紡いできた技術」 活版カムパネルラ 出張ワークショッ…

  6. 文章が信じられなくなる問題作 『葉桜の季節に君を想うというこ…

PAGE TOP